NISAはいつまで非課税?

NISAはいつまで非課税?ロールオーバーのメリット

NISAっていつまで非課税なの?ロールオーバーするのに向いている人やメリット・デメリットなどについて解説していきます。

TOP PAGE >

NISAによる資産形成って?

NISAによる資産形成はちょっと前まで結構話題になっていましたし、雑誌などでも見たことがあるという人も多いかと思います。

かといって、実際に手を付けるかどうかは簡単には決められませんよね。

預金してもあまり増えないからこれからは投資だといわれても、増えないからといって減らしたいわけじゃありませんからね。

私たち一般人が日常の生活にちょっとプラスして、投資を始めてみようと思ったときに最初に考えるべきなのは、リスクをよりも何のためにやるのかという目的をきちんと明確にすることです。

老後にまとまったお金が必要になるかもしれないと感じたなら、まずは数年先にどういう社会になっているかどうか想像してみるといいですね。

将来に求められることをやっていそうな企業を見つけて株を投資したり関連する投資信託を選ぶなど目的に合わせて投資を考えてみましょう。

NISAとは何なのかできるだけ分かりやすく答えると、投信や現物株で稼いだお金を非課税にしましょうという仕組みです。

日本で始まったのは2014年で、年間で120万円という金額が非課税で売買できる枠となります。

実際には日本に住んでいる20歳以上という条件があり、ひとつの口座のみを持つことができます。

気になる非課税枠についてもう少し詳しく見てみると、株式や投資信託の配当金や分配金や譲渡益といったものがそれに該当します。

NISAの期間は最長5年までで、NISA口座以外のものをNISAで運用するということはできません。

NISAには非課税という最大のメリットがありますが当然ながらデメリットも存在します。

その一番の理由は損失の繰り越しができないということです。

含み損のある状態で期限を迎えた場合、証券会社であれば特定口座か一般口座に引継ぎとなりますが、NISAの場合、引き継いだ際に手数料はかからないのですが、引き継いだ額分、新たに買ったということになります。

50万で購入した金融商品が引き継ぎ時に25万円になっていた場合、口座へ引き継ぐ際には25万円で買ったことになり、株価が上がって30万円で売却したとすると、25万で取得したものが30万円で売れたということになって所得が出たと判断されるのです。

ですから実際に引継ぎをする場合でも含み損がでていれば一度決済してから買い戻すのが現実的かもしれません。

こういう手間など総合的なコストを考えると実際的なデメリットと言えそうです。

NISAと積立NISAの違いについて簡単にいうと、現物株やいろんな投資信託が扱える通常のNISAと違って、投資できる商品が限られています。

積立NISAでは投資信託のみの扱いとなりますが、その中でも手数料が低いという特徴を持っていて、販売手数料がゼロのノーロードであること、長期分散投資に適している公募投資信託か上場株式投資信託ETFであることなどに限定されています。

また、投資上限も年40万円迄ですからかなり違いがあると言えますね。

投資上限は低いですが、非課税投資枠が20年間まで最大800万円までという特徴もあります。

ちなみに、通常のNISAと併用することはできません。

NISA運用で5年後どうするかは大きな問題です。

というのもNISAでは最長5年間というルールが設定されているからなんです。

実際にこのタイムリミットが来た時にできることをまとめます。

上がっているか下がっているか関係なく一度売ってしまうというのがまず一つです。

それから翌年のNISA枠にスライドさせるという方法もあります。

このほかに一般的な証券口座などで引き続き運用することも可能です。

NISAをどのように使うのかは、その人の考え方によって違うと思いますので一概には言えませんが、損をそのまま引き継いで証券口座で運用した場合、忘れないでほしいのですが、非課税というのは損益通算できないということで条件付きのメリットであるということです。

NISAを開設できるのは2023年までとなっています。

期限につきましては当初から決まっていたことではありますが、これからNISAをはじめる方にとってはあとわずかな期間しかありません。

この期間までは、5年の期限が切れたものでも、ロールオーバーで持越しをすることが可能でしたが、これからNISAをはじめるという方には、あまり意味のない話かもしれません。

ではNISAの期限が切れるとどうなるかが気になってきますが、その場合は売却してしまうか、課税対象の普通の口座へ移すかのどちらかになります。

NISAの非課税口座と一般の課税口座間で株や投資信託を移行させることで、最終的な損益を考えておくといいでしょう。

NISAにはロールオーバーと呼ばれている制度があります。

NISAには最長でも5年という制限があるのですが、5年経過した後に、その年の新たな非課税枠を使用し、そのまま移行することをロールオーバーと呼びます。

NISAの投資枠は毎年120万円と決まっているのですが、購入した商品が120万円を超えていてもそのまま引き継げます。

ジュニアNISAも枠の上限額や払い戻しのルールに違いはありますが、ロールオーバーの扱いについては基本的には同じものとお考えください。

ただ、NISA自体が2023年までの仕組みですから、これから運用を始めるという人にとっては、気にしなくていい情報かもしれません。

投資に興味がある方は、まず最初はNISAのはじめ方から勉強してみることをおすすめします。

はじめるだけならば、近所のゆうちょや銀行などでも可能です。

とはいえ本当にただはじめるだけならということなので、収益を上げることを念頭に置いている方には、ネット証券で口座を開設しましょう。

銀行やゆうちょなどで扱っている金融商品というのは、ローリスクではありますが、ローリターンでもあります。

初めての方には良いと思いますが、収益を考えた場合物足りないかと思います。

独占の金融商品に興味があるとかでなければ、取扱い金融商品が豊富なネット証券がオススメです。

NISAのリスクは大きく分けて2つあります。

まず一つ目は、NISAの仕組み自体にリスクが隠されています。

NISAは利益に対して課税されないという性質がメリットとして取り上げられますが、損失がでたときに損益通算ができません。

このことは源泉徴収ありの特定口座でも同一ですが、NISAには5年間という期限があるところです。

満期までに通常の口座に移動させることはできるのですが、含み損が発生していても考慮されません。

一度手放してから、買い戻しをするという作業をしなければいけないかもしれません。

あとは金融商品自体がもっている性質によるリスクというのは当然あります。

NISAで1万円から投資をしてみたいなぁと考えている人は結構多いです。

バランスを崩さないように無理せず投資も。

といったことはよく言われていますが、実際には少額投資には少額ならではのリスクがあります。

株式取引を例に考えてみますと、株を実際に売買しようとすると1つの銘柄でも数万円から百万円近く必要になります。

そうなるとお金がある程度ある人にしか参加できませんし、一社をこれだと思って選んだとしてもそれが正しいかどうかはなってみないと分からないですから、お金がある人にとっても結局リスクがあるというわけでやはりハードルは高いようです。

投資信託がメニューに入っている理由がここで分かるのですが低予算でもバランス投資ができます。

初心者におすすめのNISAの勉強方法

投資に興味がある方は、まず最初はNISAのはじめ方から勉強してみることをおすすめします。

はじめるだけであれば、最寄のゆうちょや銀行などでもはじめられます。

とはいえゆうちょや銀行の場合、本当にただはじめてみるだけ、という人にしかオススメできませんので、着実に収益を上げたいと考えている方には、ネット証券で口座を開設することを強くおすすめします。

基本的に銀行やゆうちょで販売されているのは、ローリスクではありますが、ローリターンでもあります。

初めての方には悪くはないと思いますが、収益を考えた場合物足りなさは否めません。

独占の金融商品に興味があるというわけでなければ、売買手数料が安くて取扱い金融商品が豊富なネット証券が安定の選択肢です。

NISAは解約できるのかどうかは気になる方もいらっしゃると思いますが、手続き自体は可能ですからまずはご安心ください。

ただし条件があり、残高があると解約することはできません。

証券会社や銀行などによって、解約手順は多少異なると思いますが、廃止手続きをするための案内がありますからそれにしたがって進めることになります。

もう少し具体的にお知らせすると、非課税口座廃止届出書と個人番号提供書類と一緒に送付します。

必要な書類は手続きの申し込みをした段階で郵送などで送付されます。

いつでも解約可能な点は、原則60歳までは解約不可となっているiDeCoとの大きな違いです。

解約しやすいということは、それだけ始めやすいとも言えます。

NISAにはロールオーバーと呼ばれている制度があります。

NISAには最長5年という制限が設けられていますが、5年が経過した後、その年の新たな非課税枠を使って、移すことをロールオーバーといいます。

NISAの投資枠は毎年120万円と決まっているのですが、購入した商品が120万円を超えていてもそのまま引き継げます。

ジュニアNISAの仕組みについてもロールオーバーの扱いについては基本的には変わりはありません。

ただ、NISA自体が2023年までの仕組みですから、これから運用を始めるという人にとっては、ほとんど関係がないと言えるかもしれません。

NISAを利用する最大の目的は非課税ということにつきますよね。

この非課税というメリットを十分に活用するために、NISA投資のルールをきちんと確認しておくことが大切です。

毎年与えられる120万円の非課税枠は使い切りです。

枠という言葉に惑わされやすいのですが、例えば50万円の株を購入した後に売却しても50万円分の枠は返ってこないということです。

一応解説すると、120万円迄という枠になっていますので120万円を超える金融商品は購入できません。

枠そのものを持越しすることもできませんので、年内に使いきれなかった分は、その年の分そのまま消滅します。

NISAとジュニアNISAの違いが気になってきますが、通常のNISAですと、自分のために口座を開設してお金を出し投資していくことになります。

一方、ジュニアNISAは、0歳から19歳までのお子さんやお孫さんなどために、親権者などが子供や孫の代理として運用していく仕組みになります。

NISA口座が開設できない未成年のための仕組みという面と、子供や孫たちのための備えという面があります。

ジュニアNISAには18歳まで払い出しができないという制限があり、20歳を迎えると自動的にNISA口座に変更されるという特徴があります。

2024年以降の各年において非課税期間を満了したとしても、一定の金額までは20歳になるまで引き続き非課税というのは大きなメリットですね。

NISA変更というと今契約しているNISAを別の証券会社や銀行に変更したいというケースがあると思います。

NISAの口座は制度がはじまった当初から少しかわって、1年に1回変更できるようになりました。

もう1点、普通のNISAからつみたてNISAに変更したいという場合があるかと思いますが、こちらの手続きも1年に1回変更可能となっています。

ここで気になってくるのが、変更前に買った金融商品が、変更時に強制的に解約しなければいけないのか?ということだと思います。

結論から言うと、そこは問題ありませんのでご安心ください。

前年度に購入したものはそのまま持ち続けられます。

もちろんNISAという枠組み自体の制限はそのままですので、その点はお気を付けください。

NISAで5年後どうするかというのは外せないテーマです。

というのもNISAというものは最長5年間という有効期限があるからです。

期限が切れたらそこでおしまいというわけではありません。

その時の時価で株や投信を一旦売却することができます。

あとは翌年以降のNISAの枠を使ってそのまま持ち越すこともできます。

このほかに一般的な証券口座などで引き続き運用することも可能です。

参考:NISA口座開設ランキング!おすすめはどこ?【NISA口座比較】

NISAの枠組みをどの程度活用するのかは、人によって投資方針はいろいろだと思いますが、含み損がでているものを通常の証券口座に移すと、損益通算ができないことによるリスクがあることは知っておいてください。

NISAのリスクは大きく分けて2つあります。

1点目は、NISAの仕組みが抱えているリスクです。

NISAは利益に対して非課税というのが最大のメリットなのですが、損失がでたときに損益通算ができないというデメリットがあります。

このことは源泉徴収ありの特定口座でも同じことが言えるのですが、NISAには5年間という期限があるところです。

期限が切れそうなときに通常の口座に移動させることはできるのですが、その場合、含み損が発生していたとしても考慮されないのです。

一度売ってから、再度買い戻しをすることになると手間がかかります。

そして忘れてはいけないのが、金融商品自体がもっている性質そのものによるリスクというのは当然あります。

NISAには非課税という最大のメリットがありますが当然ながらデメリットも存在します。

それは損失の繰り越しができないということです。

含み損のある状態で期限を迎えた場合、証券会社だったら、特定口座か一般口座へ引継ぎというのが通常の流れですが、NISAの場合口座へ引き継ぐ際、手数料こそかかりませんが、引き継いだ額分、新たに買ったということになります。

50万で購入した株が引き継ぎ時に25万円になってしまった場合、25万円で買ったことになり、株価が上がって30万円で売却したとすると、25万で取得したものが30万円で売れたということになって所得が出たと判断されるのです。

そのため、引継ぎをしたい場合は含み損が出ているときは一度決済してから買い戻すのが現実的かもしれません。

こういった総合的なコストを含め実際的なデメリットと言えそうです。

NISAで取引できるものといえば、ざっくりと分けると株、投資信託、ワラント債になります。

ただし、株でもリスクが高い信用取引は含まれませんし、比較的リスクの少ない債券についても対象外になっています。

比較的人気の高い外貨MMFなども含まれていませんし、情勢不安の際でも安定している金やプラチナなど先物やオプションも対象外です。

もちろん、FXなどのハイリスク型と呼ばれる商品も含まれません。

NISAという商品が誕生した理由は、日本では預貯金する傾向が高いため、その分を株式投資にまわすことができれば経済全体が活性化するのではと考えられてのことだそうです。

つみたてNISAという仕組みが後継として生まれたことからも長期的に投資資金に回されることが狙いのようですね。




Copyright (C) 2014 NISAはいつまで非課税?ロールオーバーのメリット All Rights Reserved.
top