CPUって何?について詳しく知りたい方はこちらへどうぞ

CPUって何?

CPUとは「Central Processing Unit」の略称で、PCを構成する主要部品の一つに挙げられます。

日本語訳では「中央処理装置」とも呼ばれ、その名のとおりPCの頭脳としての役割を担うパーツです。

CPUは各装置の制御やデータの計算・加工を行なう装置であり、一方でメモリに記憶されたプログラムを実行したり、入力装置や記憶装置からデータを受け取ったり、さらには、データの演算・加工を行い出力装置や記憶装置に出力するなど、様々な機能を担っています。

CPUには、1回の動作で同時に処理できるデータの量によって、8ビット、16ビット、32ビットなどの種類が存在します。

一般的には値が大きいものほど性能が高いとされ、それだけ優秀なPCと見なされます。

また、同じビット数のCPUでも、1秒間に実行できる命令の回数(「Hz」であらわされる)に違いがあり、さらにデータ伝走路が一度に運べるデータの量(「ビット」であらわされる)や、転送の回数(「Hz」であらわされる)などによって性能に差が生じます。

現在、市販されているPCにおいてはCPUの機能を一つのチップに集積した「マイクロプロセッサ(MPU)」が採用されており、Intel社のx86シリーズと各社の互換プロセッサがシェアの大半を占めています。

そのため、CPUと「プロセッサ」と「マイクロプロセッサ」はほぼ同義語として使われる場合も多いようです。

日本においては、トランジスタやダイオードの呼称と同様に半導体を指す「石」という言葉で呼ばれる場合もあるようです。