外国上場投資信託とは?について詳しく知りたい方はこちらへどうぞ

外国上場投資信託とは?

外国上場投資信託は、海外ETFとも呼ばれています。

外国上場投資信託は特定の指数に連動することが目的として運用されている上場投資信託です。

他の外国株式と同じで、売買が可能ですし、先進国だけでなく、新興国の商品など色々と対象となる投資商品があるのも特徴です。

取引所に上場していない、一般の投資信託のケースではその日の基準の値段でしか買い付けをしたり解約をすることができません。

しかし外国上場投資信託は、特定の指数を連動することを目的として運用されているのでとてもわかりやすいですし、分散投資をすることで、リスクを分散できる効果があります。

一般的な外国株式と同じでマーケットでは、指値注文もできますし、海外委託取引の場合もできるのが特徴です。

証券会社によっては、一部の銘柄は国内の店頭取扱も行っていますから手軽に購入可能です。

売買に関するルールも外国株式とほとんど同じでわかりやすいのが特徴です。

外国上場投資信託はテレビや新聞、ネットなどで目にしている株価指数と連動した値の動きになりますから、投資の判断が他の投資に比べるとわかりやすいのが特徴です。

幅広い銘柄に分散投資可能であるという特徴が個別株式に投資できるといったリスク分散の特徴があります。

売買手数料については、一般的な外国の株式と同じ売買手数料での取引となります。

証券会社によって外貨上場投資信託で取り扱っている銘柄は違っていますが、多いところになれば30以上取り扱いがあるところもあります。