保育士取得方法について詳しく知りたい方はこちらへどうぞ

保育士取得方法

保育士は今後需要増が期待できる資格です。

保育所に入りたくても入れない待機児童を解消するため各自治体が保育所の増設を目指している状況で保育士の需要が高まっている状況です。

さらに女性の社会進出もあり、託児所を設ける企業や公共施設も増えており、保育士が果たす役割が重要視されるようになっているのです。

保育士になるためには資格を取得する必要があります。

これは国家資格で、一定の資格をクリアした人のみが受験することができます。

受験資格は「短大、専門学校卒業者」「大学に2年以上在籍、62単位以上修得している者。

あるいは高等専門学校卒業者」「高校卒業者で2年以上の児童福祉施設勤務経験者」「5年以上の児童福祉施設勤務経験者」「外国において学校教育における14年以上の課程を修了した者」となっています。

試験は筆記と実技の2段階。

筆記は全8科目。

「社会福祉」「児童福祉」「発達心理学および精神保健」「小児保健」「小児栄養」「保育原理」「教育原理及び養護原理」「保育実習理論」となっています。

実技は「言語」「音楽」「絵画制作」の3科目のうち2科目を任意に選択して受験することになります。

合格基準は各科目60%以上の得点となっており、過去2年間に合格した科目は免除となります。

受験料は1万2700円。

合格率は10%程度と難易度も高く、それだけに取得したメリットも大きいといえます。

努力してみる価値がある資格といえるでしょう。