住宅ローンの選び方について詳しく知りたい方はこちらへどうぞ

住宅ローンの選び方

住宅ローンには、適用金利の決め方から3つの種類があります。

「固定金利型」と「変動金利型」「固定金利選択型」です。

「固定金利型」には全期間固定金利型と段階金利型があります。

・全期間固定金利型 ローン返済期間中適用金利が変化しません。

低金利時に借りれば、将来の金利上昇のリスクがありません。

返済額が一定なので長期のマネープランがたてやすい。

・段階金利型 あらかじめ決めたおいた時期が来ると途中で金利がアップしますが、低金利時に借りておけば金利上昇のリスクを避けることはできます。

金利が変動するのは1度だけなので、マネープランがたてやすい。

どちらタイプも、金利が下がっている時期に借りると、結果として金利負担が大きくなるな場合があります。

対策としては、金利が低下して金利差が一定以上開いてきたら仮換えを検討します。

「変動金利型」には、変動金利型と上限金利特約型があります。

・変動金利型 年二回、金利が見直されます。

しかし見直し後、5年間返済額固定の場合が多いようです。

低金利の時はそのメリットを享受できます。

返済額が変更されない5年間に急激な金利上昇があったとき、元金が増えてしまう可能性があります。

適用金利が上がれば返済額もアップします。

・上限金利特約型 年二回、金利を見直しますが上限をこえることはありません。

期間内は上限金利以上にあがることはありません。

低金利時にはメリットを享受できます。

設定した期間ごとに適用金利次第で返済額が変わります。

上限の設定により、変動が頼りもリスクの低い分、金利は高めになっています。

「固定金利選択型」 固定金利期間が過ぎたら、固定金利でいくか変動金利にするかを選ぶことができます。

金利状況に応じてタイプを選ぶことができる。

金利の上昇が続いた場合は長期固定金利型の方が得、逆の場合は変動金利型が得になる。

長期のローンを組むと時は固定金利型を選び、短期なのであれば変動金利、固定金利選択型を検討するのがよいでしょう。