NISAには非課税という最大のメリットが

NISAはいつまで非課税?ロールオーバーのメリット

NISAっていつまで非課税なの?ロールオーバーするのに向いている人やメリット・デメリットなどについて解説していきます。

TOP PAGE >NISAには非課税という最大のメリットが

□NISAには非課税という最大のメリットが

NISAには非課税という最大のメリットがありますが当然ながらデメリットも存在します。

1番のウィークポイントは損失の繰り越しができないということです。

含み損のある状態で期限である5年を迎えてしまった場合、証券会社でならば、特定口座か一般口座に引継ぐ形となりますが、そのとき扱いとしては手数料こそかかりませんが、その値段で新規に買ったということになります。

50万で買った株が含み損で25万円になった場合、引き継ぎ時には25万円で買ったことになり、仮に30万円で売却したとすると5万円分が利益という扱いになってその5万円から税金が引かれるということになるんです。

ですので、含み損がでているようであれば、一度決済してから買い戻すほうが現実的かもしれません。

そういう手間や手数料を全てひっくるめて総合的なコストが実際的なデメリットと言えそうです。

NISAでは5年後という言葉には大きな意味があります。

というのもNISAでは最長5年間というルールが設定されているからなんです。

期限が切れた時に私たちにはいくつかの方法が用意されています。

一旦売ってしまうという方法が一つあります。

次の年のNISA枠でそれまで運用していたものを引き継ぐという方法もあります。

これらの他には通常の証券口座に移行するというのも可能です。

NISAをどのように使うのかは、その人の考え方によって違うと思いますので一概には言えませんが、損を抱えたまま一般的な証券口座に移した場合、損益通算ができないため結果的にマイナスとなる可能性があることは覚えておきましょう。

NISAの口座を開設できるのは2023年までです。

当初から決まっていたことではありますが、これからNISAをはじめる方にとってはあとわずかな期間しかありません。

2023年まではすでに買っていて5年の期限が切れたものであっても、ロールオーバーができていましたが、これからはじめる方にとっては、この制度は無関係ですね。

それではNISAの期限が切れる一体どうなるのでしょうか?その場合は売却するか課税のある普通の口座に移行するかのどちらかになります。

非課税口座と課税口座の間で移行させることで、最終的な損益を考えておくといいでしょう。

投資に興味があるという方は、「NISAのはじめ方」から勉強してみてはいかがでしょうか。

はじめるだけならば、近所のゆうちょや銀行などでも可能です。

とはいえ本当にただはじめるだけならということなので、着実に収益を上げたいと考えている方には、ネット証券を利用することを強くおすすめします。

基本的に銀行やゆうちょで販売されているのは、ローリスクローリターンの金融商品となります。

初めての方には良いと思いますが、収益を考えた場合物足りないかと思います。

独占の金融商品に興味があるというわけでなければ、ネット証券がおすすめです。

NISAの解約可否について気になるという方もいらっしゃると思いますが、解約手続きは可能ですのでご安心ください。

ただし条件があって残高があると解約はできません。

証券会社などによって手順は変わってくると思いますが、廃止手続きをするための案内がありますからそれにしたがって進めることになります。

もう少し具体的に言うと、非課税口座廃止届出書と個人番号提供書類といっしょに送付することになります。

必要な書類に関しましては、手続きを申請した段階で郵送等で送付されます。

いつでも解約できるというのは、iDeCoとの大きな違いです。

解約のハードルが低いので、その分始めやすいということにもなりますよね。

NISAを銀行で始めようと思っている方はいませんか?いわゆるしがらみのようなものがないのであれば、手数料が安く取扱い商品も豊富なネット証券のほうがおすすめです。

ゆうちょや銀行などは身近にあるお店では、NISAについて詳しく説明してくれますから、直接やり取りした方が安心という方もいると思いますのでダメというわけではありません。

NISA最大の特徴である税金を引かれないというのは、最終的に支払うコストが低くなるというメリットですから、折角ですので手数料が安くなる可能性も追求したいですよね。

極力リスクを下げることも考えて銀行にするかどうか決めましょう。

NISAで取引可能な商品はというと、ざっくりと分けると株、投資信託、ワラント債になります。

株といっても、ハイリスクな信用取引は含まれませんし、割と低リスクとされる債券も対象外になっています。

比較的人気のある外貨MMFなども含まれていませんし、情勢不安の際でも安定している金やプラチナなど先物やオプションも対象外です。

FXなど、ハイリスク型と呼ばれる金融商品も含まれていません。

NISAが生まれたワケですが、日本では預金する人がとても多いため、その分を投資に回すことができれば、経済全体が活性化するのでは?という想いから誕生したそうです。

つみたてNISAという仕組みが後継として生まれたことからも長期的に投資資金に回されることが狙いのようですね。

NISAとジュニアNISAの異なる点について気になってきますが、通常のNISAというものは自分のために口座開設をして投資するものです。

一方、ジュニアNISAは、0歳から19歳までのお子さんやお孫さんなどために、親権者などが代理で運用していくしくみになります。

ジュニアNISAには、NISA口座が開設できない未成年のための仕組みという面と、子供や孫の備えという面の二つがあります。

ジュニアNISAには18歳まで払い出しができないという制限があり、20歳を迎えると自動的にNISA口座に変更されます。

ジュニアNISAは2016年1月から2023年12月までの8年間の制度となっていますが、この制度が終了した後でも、継続管理勘定では20歳になるまで非課税で保有し続けることができるというのは大きなメリットですね。

NISAで1万円から投資してみたい人は多いようです。

生活のバランスを崩さないように貯金もしつつそのうちのいくらかを投資に回してみる。

という類のことを言う人もいますしそう考えるといいことのような感じがしてきますが、少額投資ならではのリスクというものもあるのです。

株を例にとってみると、株っていざ買うとなると1つの銘柄でも数万円から百万円近く必要になります。

こうなってくるとお金があることが実質的な条件になってきますし、一社をこれだと思って選んだとしてもそれが正しいかどうかはなってみないと分からないですから、お金がある人にとっても結局リスクがあるというわけでやはりハードルは高いようです。

投資信託であれば低予算でも分散投資ができるようになっています。

NISAでおすすめされているのはどういう理由なのでしょうか?あなたがもし初心者だったとすれば、まず先に分かっておく必要があるのはNISAだからどうかということではなく、リスクリターンという両面性についてです。

預金は元本保証があるし投資はリスクがあるという単純な話ではなく、どういう経路をたどって可能性としてのリスクが現実のものになるのかを知ることです。

例えば株式であればその会社の業績が大きく影響してきます。

銀行など生活密着型の金融機関でも売られている投資信託は簡単そうに感じるかもしれませんが、投信自体を構成する金融商品がどういう基準で選ばれていてそれがどういう条件でどういう変化を起こすのかを知っておく必要があります。

金融商品自体の性質に加えてあとは自分が投資をどういう目的ではじめるのかを整理するといいでしょう。



Copyright (C) 2018 NISAはいつまで非課税?ロールオーバーのメリット All Rights Reserved.
top