NISAによる資産形成はたまにニュースになっていま

NISAはいつまで非課税?ロールオーバーのメリット

NISAっていつまで非課税なの?ロールオーバーするのに向いている人やメリット・デメリットなどについて解説していきます。

TOP PAGE >NISAによる資産形成はたまにニュースになっていま

□NISAによる資産形成はたまにニュースになっていま

NISAによる資産形成はたまにニュースになっていますよね。

雑誌などでも見たことがあるという人も多いかと思います。

かといって、実際に手を付けるかどうかは簡単には決められませんよね。

預金金利が低いから預けておいても増えないからこれからは投資だといわれても、減ってしまうリスクはやはり怖いですしね。

私たち一般人が日常の生活の上で、ちょっとした資産運用で投資を始めようとするときに最初に考えるべきなのは、リスクがどうかではなく何のためにやるのかという目的です。

子供のためにまとまったお金を用意しておきたいと感じたなら、まずは数年先の未来を想像してみることをおすすめします。

先の明るい企業を見つけて株を投資したり関連する投資信託を選ぶなど目的に合わせて投資を考えてみましょう。

NISA変更というと今契約しているNISAを別の証券会社や銀行に変更したいというケースがあると思います。

この場合NISAの口座は制度がスタートした当初から少しかわって、1年に1回だけ変更可能になりました。

また、通常のNISAをつみたてNISAに変えたい場合(その逆も)があると思いますが、こちらの手続きも1年に1回変更可能となっています。

ここで心配になるのは変更前に買った株や投資信託が、変更する時に強制的に解約しなければいけないのかどうかだと思います。

結論からいうと、そこは大丈夫なのでご安心ください。

前年度に買った金融資産はそのまま持ち続けることが可能です。

但し、NISAの枠組み自体の制限は変わりませんのでご注意ください。

NISAでの投資信託は初心者向けと言われています。

なぜかと言うと、投資にかかる費用が少なくて済むからですね。

現物株の場合は銘柄によっても異なりますが基本的には、1単元あたり数万円から数十万円程度がかかるため、多くの銘柄に投資するということはできません。

一度に高額を投資するという点で心理的ハードルも高いです。

その一方で、投資信託というのは複合的な金融商品のため、資金が限られているNISAであっても分散投資が実現できます。

投資資金があまりないという方にもおすすめですね。

プロに運用してもらうという手数料などのコストが掛かってくるのでその点は注意しましょう。

NISAとジュニアNISAにはどのような違いはあるか知っていますか?通常のNISAですと、自分のために口座を開設してお金を出し投資していくことになります。

一方でジュニアNISAのほうは0歳から19歳までの子供や孫などために、親権者などが子供や孫の代理として運用していく仕組みになります。

ジュニアNISAには、NISA口座が開設できない未成年のための仕組みという面と、子供や孫たちのための備えという面があります。

18歳まで払い出しが原則できないという制限があり、20歳を迎えると自動的にNISA口座に変更されます。

NISAの枠組み自体が終わった後に非課税期間を満了したとしても、継続管理勘定では20歳になるまで非課税で保有し続けることができるというのは大きなメリットですね。

NISAの期間は2023年までです。

期限につきましては当初から決まっていたことではありますが、これからはじめる方にとっては残り僅かな期間になってきましたね。

2023年まではすでに買っていて5年の期限が切れたものであっても、ロールオーバーといって持越しをすることができていましたが、これからはじめる方にとっては、この制度は無関係ですね。

ではNISAの期限が切れると果たしてどうなってしまうのでしょうか?その場合は売却してしまうか、課税対象の普通の口座へ移すかのどちらかになります。

非課税口座と課税口座の間で株や投資信託を移行させることで、最終的な収支を見積もっておきましょう。

NISAは非課税というメリットがある一方でデメリットもあります。

そのデメリットとは損失の繰り越しができないということです。

含み損のある状態で期限を迎えた場合、証券会社だったら、特定口座か一般口座へ引継ぎというのが通常の流れですが、NISAの場合口座へ引き継ぐ際、手数料こそかかりませんが、その値段で新たに買ったということになります。

50万で購入した金融商品が引き継ぎ時に25万円になっていた場合、口座へ引き継ぐ際には25万円で買ったことになり、株価が上がって30万円で売却することになった場合、実質20万の含み損が出ているのですが、5万円分の利益が出たという事になってしまうのです。

ですから、引継ぎをする場合でも含み損が出ているようであれば、一度決済してから買い戻すほうが得策かもしれません。

そういう手間や手数料を全てひっくるめて総合的なコストが実際的なデメリットと言えそうです。

NISAで取引できるものといえば、ざっくりと3つに分けて、株、投資信託、ワラント債があります。

株でもリスクが高い信用取引は含まれませんが、割と低リスクとされる債券も対象外になっています。

割と人気の高い外貨MMFなども含まれてないですし、金やプラチナといった先物やオプションも対象外です。

もちろん、FXなどのハイリスク型と呼ばれる商品も含まれません。

NISAという商品が生まれた理由ですが日本では預金する傾向がとても高いため、預貯金の分を株式投資に利用できれば、経済が活性化するのではと考えられてのことだそうです。

つみたてNISAが後継として生まれたことからも、長期的な運用が狙いのようですね。

NISAの最大のメリットといえばやはり非課税ということですよね。

NISAの利点を十分に活用するために、NISAのルールを事前にちゃんと確認しておきましょう。

毎年与えられる120万円の非課税枠は使い切りです。

よく勘違いされやすいのですが、例えば10万円の株を買った場合、後に10万円分売却したとしても10万円分の枠はリセットされないということです。

初心者の方のために念のため解説すると、120万円までという枠なのですから、120万円を超える購入はできません。

また、枠自体を持越しすることは不可ですので、年内に使いきれなかった分は消滅し、翌年に新たに120万の枠となります。

まだ間に合うNISA口座開設を考えているなら、まず最初に考えることはどこを選ぶかということでしょう。

NISA口座は一人につき一つしかもてないので、NISAに対応している金融機関の中から、どこが一番いいか厳選する必要があります。

一番人気があるのは証券会社ですね。

中でもネット証券は手数料が安いのでおすすめです。

単純に安いだけではなくキャンペーンなども合わせて比較するといいですね。

例えば売買にかかる手数料を無料にするというものもありますし、キャッシュバックキャンペーンなどを行っている場合もあります。

投資金額があまり高額でなければ、キャンペーンを重視するのもありです。

NISAのリスクは大きく分けて2つあります。

まず一つ目は、NISAの仕組み自体にリスクが隠されています。

NISAは利益に対して課税されないというのが最大のメリットなのですが、損失がでたときに損益通算ができないというデメリットがあります。

このことは源泉徴収ありの特定口座でも同一ですが、NISAで注意しなければいけないのが5年間という期限があるところです。

期限間際に一般の口座に移動させることはできるのですが、そのときに含み損があったとしてもそれが考慮されないというリスクがあります。

一度売ってから買い戻したりする必要があるかもしれません。

あとは金融商品自体がもっている性質によるリスクというのは当然あります。



Copyright (C) 2018 NISAはいつまで非課税?ロールオーバーのメリット All Rights Reserved.
top