NISAとジュニアNISAは何が違う

NISAはいつまで非課税?ロールオーバーのメリット

NISAっていつまで非課税なの?ロールオーバーするのに向いている人やメリット・デメリットなどについて解説していきます。

TOP PAGE >NISAとジュニアNISAは何が違う

□NISAとジュニアNISAは何が違う

NISAとジュニアNISAは何が違うのかご存知ですか?通常のNISAですと、自分のために口座を開設してお金を出し投資していくことになります。

一方でジュニアNISAのほうは0歳から19歳までの子供や孫などために、親権者などが代理で運用していくしくみになります。

ジュニアNISAはNISA口座を開設できない未成年のための救済措置という面と、子供たちの将来のための備えという2つの面を併せ持っています。

ジュニアNISAは、18歳まで払い出しが原則できないという制限があり、20歳を迎えると自動的にNISA口座に変更されるという特徴があります。

ジュニアNISAの制度が終わっても、20歳になるまでは金融商品を非課税で保有し続けられるというのは大きなメリットですね。

NISAとはということについてシンプルに考えてみると、投信や現物株で稼いだお金を非課税にしましょうという仕組みです。

日本で始まったのは2018年で、現在毎年120万円の非課税枠が設定されています。

実際には日本に住んでいる20歳以上という条件があり、1人1口座だけ持つことができます。

非課税という素敵な響きが魅力ですが、株などの配当や売買益といったものがその対象です。

5年間までという制限があるのですが、NISA口座以外のものをNISAで運用するということはできません。

投資に興味があるという方は、「NISAのはじめ方」から勉強してみてはいかがでしょうか。

ただはじめるだけであれば、ご近所のゆうちょや銀行の支店などでもはじめることができます。

とはいえ、この方法は本当にただはじめてみたい人向けなので、堅実に収益を上げたいと考えている方には、ネット証券がオススメです。

基本的に銀行やゆうちょといった身近な金融機関で販売されているのは、ローリスクローリターン型の投資信託になります。

決して悪くはないのですが、逆に言うとそれしかないのでちょっと気になるところです。

独占の金融商品に興味があるという場合を除けば、取扱い金融商品が豊富なネット証券がオススメです。

NISAは非課税という最大のメリットがある一方でデメリットも存在します。

そのデメリットとは損失の繰り越しができないということです。

含み損のある状態で期限である5年を迎えてしまった場合、証券会社であれば特定口座か一般口座に引継ぎとなりますが、NISAの場合、引き継ぐ際に手数料こそかかりませんが、その値段で新たに購入したという扱いになります。

50万で購入した金融商品が引き継ぎ時に25万円になっていた場合、口座へ引き継ぐ際には25万円で買ったことになり、株価が上がって30万円で売却することになった場合、実質20万の含み損が出ているのですが、5万円分の利益が出たという事になってしまうのです。

そのため、含み損がでている場合、一度決済してから買い戻すのが現実的かもしれません。

そういう手間や手数料といった意味での総合的なコストが実際的なデメリットと言えそうです。

NISAを開設できるのは2023年までとなっています。

これはNISAが始まったとき決まっていたことではありますが、これから運用をはじめる方にとってはあと僅かな期間になってきました。

この期間まではすでに買っていて5年の期限が切れたものでも、ロールオーバーで持越しをすることが可能でしたが、これからはじめる方にとっては、この制度は無関係ですね。

それではNISAの期限が切れる一体どうなるのでしょうか?その場合は売却してしまうか、課税対象の普通の口座へ移すかのどちらかになります。

NISAの非課税口座と一般の課税口座間で株や投資信託を移行させることで、最終的な売却時の支払いが損になるかならないかを見極めましょう。

NISAにはロールオーバーと呼ばれている仕組みが存在します。

NISAには最長5年という制限が設けられていますが、この5年が経過した後にその年の新たな非課税枠を使って、移行させることをロールオーバーと呼びます。

NISAは毎年120万円と枠が決まっていますが、購入した商品が120万円を超えていてもそのまま引き継げます。

ジュニアNISAにつきましても、ロールオーバーついては基本的には同じです。

とはいえNISAは2023年までの仕組みですので、これから始める人には、ほとんど関係がないと言えるかもしれません。

NISAでおすすめされているのはどういう理由なのでしょうか?あなたがもし初心者だったとすれば、理解しておく必要があるのはNISAという仕組みについてではなく、リスクリターンという両面性についてです。

預金より投資のほうがリスクが大きいという比較してどうかという話ではなく、何が起こるとリスクとして現れるかということを知ることです。

株の場合はその会社の先行きが不透明になると売られていって値が下がることがあります。

投資信託などは銀行などの身近な金融機関でも販売されているためなじみがあると思いますが、ファンドがどういう方針で投資先を決めているかということや景気変動との関係性についての理解は必要かと思います。

金融商品自体の性質に加えてあとは自分が投資をどういう目的ではじめるのかを整理するといいでしょう。

今契約しているNISAを別の証券会社や銀行に変更したいというケースがあると思います。

NISAの口座は制度がはじまった当初から少しかわって、1年に1回変更できるようになりました。

もう一つは通常のNISAをつみたてNISAに変更したい場合やその逆があると思いますが、こちらの手続きも1年に1回対応してもらえます。

ここで心配になるのは変更前に買った株や投資信託が、変更時に強制的に解約しなければいけないのか?ということだと思います。

結論からいうと、そこは大丈夫なのでご安心ください。

前年度に買ったものは引き続き持ち続けることが可能です。

もちろんNISAの枠組み制限はそのままですからその点は注意しましょう。

NISAで投資信託というのは初心者向けと言われています。

なぜかと言うと、投資額が少なくて済むからです。

現物株の場合は銘柄によっても異なりますが基本的には、1単元につき数万円から数十万円程度となりますので、限られた銘柄にしか投資することができません。

一度に大きな額を投資するという点で心理的なハードルも高いですね。

それとは別に、投資信託は複合的な金融商品のため、資金が限られているNISAであっても分散投資が実現できます。

予算があまり取れない方にもおすすめです。

プロに運用を任す場合、手数料や信託報酬といったコストが発生しますのでその点はご注意ください。

NISAの失敗にはどのような原因があるのかご存知ですか?考え方自体は実は非常にシンプルです。

失敗の原因には、NISAの仕組みによって起こる可能性があるもの、金融商品ゆえにはらんでいるリスク、NISAの仕組みによるデメリットを避けたいと思うことで非合理的な行動をとってしまった場合のリスクの3点です。

NISAの仕組みによる失敗というのは、期間終了時に含み損が発生していた場合に、そのまま通常口座に移行させると、含み損後の金額が基準になってしまうので余計に課税されることです。

金融商品自体が抱えているリスクというのは、NISAに限らず金融商品は値下がりしたら損するということです。

NISAの仕組みによって非合理的な行動を取ることによるリスクというのは、NISAの120万円という枠におさまるように投資先を考えるタイプの思考法のことです。



Copyright (C) 2018 NISAはいつまで非課税?ロールオーバーのメリット All Rights Reserved.
top