NISAで投資をするにあたって1万円から始めたいという需要は一定以上あるようです。

貯金だけでも仕方ないしいくらかは投資してみるかな。

ということをお抱えの経済のプロのような人が雑誌などで言ってたりしますが、少額だと何かあってもダメージが少ないのは確かですがそれだけではありません。

株を例にとってみると、株主優待などに興味がある人はご存知かと思いますが株って数十万円必要だったりします。

とするとある程度の資金があることが参加条件となってきますし、特定の1つの会社がどうなるかなんてそこまで信頼できることでもありませんから、例えある程度お金がある人でも今までやっていなかった投資をあえてするのはやめようと判断することになります。

そこで投資信託という仕組みに注目があつまるのですが金融で仕組み化している分の手数料のようなものがかかってきたりします。

NISAの口座開設を考えているなら、まず最初に考えることはどこを選ぶかということでしょう。

NISAの口座は一人一つしか所有できませんので、対応している金融機関の中から厳選する必要があります。

一番おすすめなのは証券会社ですね。

ネット証券は手数料が安いので特におすすめです。

あとは、単純に安さだけではなくキャンペーンなども合わせて比較すると良いですよ。

例えば売買に必要な手数料が無料になるというものもありますし、キャッシュバックキャンペーンを開催している証券会社もあります。

投資金額がさほど大きくないのであれば、キャンペーンで決めるのも1つの方法です。

NISAにはロールオーバー制度があります。

NISAには最長5年という条件があるのですが、この5年が経過した後、その年の新たな非課税枠を利用して、その状態のまま移すことをロールオーバーと呼ぶのです。

NISAの投資枠は毎年120万円と決まっているのですが、購入した商品が120万円を超えていてもそのまま引き継げます。

ジュニアNISAについても、枠の上限額や払い戻しのルールに多少違いはありますが、ロールオーバーの扱い関しましては基本的には同じです。

ただ、NISA自体が2023年までの仕組みですから、これから運用を始めるという人にとっては、ほとんど関係がないと言えるかもしれません。

NISAでは5年後という言葉には大きな意味があります。

というのもNISAには最長5年間というルールが設けられているからです。

この期限を迎えた時にできることをまとめておきます。

一旦売ってしまうという方法が一つあります。

期限が切れた枠を新しい枠にする方法があります。

このほかに一般的な証券口座などで引き続き運用することも可能です。

NISAの枠組みをどの程度活用するのかは、その人の考え方によって違うと思いますので一概には言えませんが、含み損がでているものをそのまま証券口座に引き継ぐと、何も考えずに投資をすると結果的にマイナスとなる可能性があることは覚えておきましょう。

NISAとジュニアNISAは何が違うのかご存知ですか?通常のNISAは自分のために自分が口座開設をしてお金を出して投資するものです。

ジュニアNISAはというと、0歳から19歳までの子供や孫などために、親権者などが代理で運用していく仕組みとなっています。

ジュニアNISAには、口座開設ができない未成年のためという面と、子供や孫の備えという2つの面があります。

ジュニアNISAには18歳まで払い出しができないという制限があり、20歳を迎えると自動的にNISA口座に変更されます。

制度終了後に非課税期間を満了したとしても、20歳になるまでは金融商品を非課税で保有し続けられるというのは大きなメリットですね。

NISAを銀行でやろうと思っている方はいませんか?取引先の銀行とのお付き合いだったりいわゆるしがらみのようなものがないのであれば、手数料が安くて取扱い金融商品が豊富なネット証券が良いと思います。

もちろん、ゆうちょや銀行など身近にある金融機関では、NISAって何?というところから丁寧に説明してくれますから、安心できるという方もいると思いますのでダメというわけではありません。

NISAの最大のメリットである税金を引かれないというのは、結局のところ、支払うコストが低くなることに繋がりますから、それだったら手数料が安くなる可能性も高めていきたいですよね。

できるだけリスクを低くすることも考えて銀行にするかどうか最終決定をしましょう。

NISAに興味がある方はまずは、はじめ方から勉強することをおすすめします。

はじめるだけであれば、最寄のゆうちょや銀行などでもはじめられます。

とはいえ、本当に「ただはじめるだけなら」ということになりますので、きちんと収益を上げようと考えている方には、ネット証券で口座を開設しましょう。

基本的に銀行やゆうちょなどで取り扱っている金融商品は、ローリスクローリターン型の投資信託です。

初めての方には悪くはないと思いますが、収益を考えた場合物足りなさは否めません。

独占の金融商品に興味があるなどこれといった理由がないのであれば、取扱い金融商品が豊富で手数料が安いネット証券がオススメです。

NISAのリスクを紹介します。

1点目は、NISAという仕組み自体が抱えているリスクを紹介します。

NISAは利益に対して課税されないメリットがありますが、損失がでたときに損益通算ができないというリスクがあります。

これは源泉徴収ありの特定口座でも同様なのですが、NISAには5年間という期限があるところです。

期限間際に一般の口座に移動させることはできるのですが、そのときに含み損があったとしてもそれが考慮されないというリスクがあります。

一度処分した後、再び買い戻したりする必要があるかもしれません。

あとは金融商品自体がもっている性質によるリスクというのは当然あります。

非課税で人気のNISA投資におすすめなのはどれでしょうか?もしあなたが投資の初心者だったとすれば、まず最初に理解しておく必要があるのはNISAかどうかではなく、投資にはリスクとリターンがコインの裏表のようについてくるということです。

これは預金と比較してどうかということではなく、何がどうなるとそれがリスクとして現れるかを知ることです。

株であればその会社の業績が下がると値が下がっていきます。

投資信託などは銀行などの身近な金融機関でも販売されているためなじみがあると思いますが、投資先の金融商品が経済の状況の変化とどういうふうに連動していくのかは考えておいた方がいいでしょう。

金融商品自体の性質に加えてあとは自分が投資をどういう目的ではじめるのかを整理するといいでしょう。

NISAは非課税というメリットがある一方でデメリットもあります。

1番のウィークポイントは損失の繰り越しができないということです。

含み損のある状態で5年を迎えた場合、証券会社だったら、特定口座か一般口座に引継ぎとなるのですが、そのとき扱いとしては手数料こそかかりませんが、その値段で新たに買ったということになります。

50万で購入した株が引き継ぎ時に25万円になってしまった場合、25万円で買ったことになり、その後株価が上がり30万円まで回復して、その段階で売却しようとすると5万円が利益という扱いになり、5万円から税金が引かれるということになるんです。

そのため、引継ぎをしたい場合は含み損が出ているときは一度決済してから買い戻すのが現実的かもしれません。

こういった総合的なコストを含め実際的なデメリットと言えそうです。

関連ページ